ティーチングプロの逆襲!最短ゴルフ上達法

嘘の申告をしてカードローンの審査に通った話

2018年11月16日(金曜日) テーマ:恋愛

嘘の申告をしてカードローンの審査に通った話、たまに聞ききますが、それは電子化以前の話のようです。事実だけ言えば、それは有印私文書偽造といって、立派に刑事処罰の対象になります。もっとも、嘘を書いたとしても審査中に判明して落とされるだけでしょう。会社としては被害が未然に防げたので、いちいち警察に連絡しないかもしれません。しかし被害が出ていれば通報する、未然阻止ならしないというスタンスかもしれません。どのみち、素人の嘘がプロに通用すること自体が無謀というものです。信用情報にも瑕疵(キズ)が残るはずです。第一、審査を通ったとしても喜べませんよ。完済までにバレる恐怖が続く上、バレたら一括返済を迫られる(当然です)といった大きなデメリットがあります。キャッシングする際の最低額はいくらからなのかは気になる所です。多数の会社が最低1万円から使えるようになっておりますが、会社によっては1000円ごとに使える所もあります。1万円くらいを最低額の基準だと思っておけば問題ないでしょう。キャッシングといえども、十人十色な借入方法があります。その内の1つの定額払いとは、月々あらかじめ決めておいた一定の額を返済していく方法です。返す計画を立てやすい反面、金利がアップしてしまったり、返済を終えるまでに時間がなくてはならないという欠点もあります。カードローンやキャッシングを申し込むと、勤務先へ在籍確認の電話がかかってきます。必ずしも全員にかけるわけではないようですが、もしかかってきて会社の人に知られるとなると、気まずいし、それでいて言い訳するのも気がひけます。そんな不安を解消すべく、勤務先への電話確認を行わないでローンを組める会社もあります。それも、闇金ではなく超大手の会社です。知られたくないと相談すると、在籍確認の電話をせずにそれに代わる書類審査方法を教えてくれて電話連絡なしで審査する方法をとってくれます。すべての会社が同様というわけではないので、先に確認しておくと良いでしょう。どのような金融機関でも、キャッシング利用のある人は今利用しているのがどのくらいの金利なのか、それから、他の会社の金利もよく気をつけてみるようにしましょう。金利が低い会社、金利が低いプランに出会ったら、借り換えすることで、月々の支払額を抑えることが可能になります。ほんの少しの金利差でも、年間の額を計算してみると負担の差はかなりのものになります。任意整理デメリットについて