絶対に避けるべき手続き

ティーチングプロの逆襲!最短ゴルフ上達法 > ニュース > 絶対に避けるべき手続き

絶対に避けるべき手続き

2014年11月 7日(金曜日) テーマ:くらしニュース

任意整理とはよく負債整理とも呼ばれていておのおのの貸し手に対して返済を続けていくことを選択した借金整理の選択肢なのです。

 

具体的な流れですが、司法書士または弁護士が貸し手と借り手の間に入って示談をして、利息制限法に照らして利息の引き直しを行ってもう一度計算した元金に対する金利を少なくする方法によって3年くらいの時間で返済する借金整理計画です。

http://www.yashichi7.com/

この任意整理には裁判所のような機関が関係しないのでそのほかの計画と比べても手続きした場合の不利な点があまりなく、手順そのものも依頼人にあまり重荷になりませんのでまずここから比較考慮するようお勧めする対策だといえます。

 

それから、サラ金業者といったとても高い借入利息ならば法律で定められている利息を超えて払った利息分においては借金の元金に充てると判断され元金それ自体を減らすことだって可能です。

 

つまり、サラ金のように大変高額な利子のところに長期間返し続けている例では一定の金額を減らすことができる場合もあり15,6年とか返してきた場合には負債そのものが消滅してしまう可能性もあります。

 

任意による整理の有利な点については、自己破産と違いある部分のみのお金だけを処理していくことになりますので他に連帯保証人が付いている借金以外だけを整理をする際や自動車ローン以外で手続きをしていく場合等においても適用することができますし全ての資産を手放す義務はないのでクルマや有価証券財産を所有していて処分したくない場合などでも有力な選択肢になる債務整理の方法となっています。

 

ただ、手続きを取った後の返済額と現実の可処分所得を比較しだいたい返済の計画が立つのであればこの手続きで進めることが可能ですが自己破産手続きとは違い負債自体が消滅してしまうのではありませんので、借入金の総額がだいぶあるような場合は実際に任意整理による選択をするのは難しくなるということがいえるでしょう。

 



関連記事

絶対に避けるべき手続き

絶対に避けるべき手続き

2014年11月 7日(金曜日)

二股の疑いがあるので彼をみっちり調べてほしい

二股の疑いがあるので彼をみっちり調べてほしい

2014年7月28日(月曜日)