厳しい現実

ティーチングプロの逆襲!最短ゴルフ上達法 > 経済 > 厳しい現実

厳しい現実

2014年11月 7日(金曜日) テーマ:経済

FX取引初めての方がFXの大切なところを探し出すためには、最初に取引を繰り返すことが必要です。

 

特に、前もって危険を嗅ぎとるようになるようになるにはポカを積むことも大事です。

 

ただし、負けたといっても、立ち直れなくなるほど決定的な負けをしてはいけない。

 

ちょっとした間違いを幾度か経験することが結果として自分の経験を増やしてくれる。

 

れを考えると、まず最初は小さな額でエントリーしてそれによって数度ちょっとしたマイナスを経験することが大切です。

 

仮に、100万円しか投資する事が出来ない状況ではじめに全て投じて売り買いするとミスした時、永遠に立ち上がれなくなってしまうリスクがあります。

 

それより、1割ずつ注文して、それで取引を体験した方が、損を埋め合わせる手段なども学んでいくはずです。

 

最初に少額資金で売り買いする事の価値は自分自身の経験値を増やし、マイナスを制御する手段を学習していく事にありますが、それと同時に、トレードの回数を増やす事で偶然を削減する事ができるという良いところもあります。

 

たとえば、1回の注文で勝率が5割だとします。

 

すなわち、同じく二分の一の確率で損失を生む危険性もあります。

 

勝率50%ということは半々の可能性で儲けられる事を意味している。

 

だけど、全てを使って1回のみの取引をするということは、はっきりとした勝ちか、負けのいずれかになります。

 

そのままでは1回だけの賭博と同じです。

 

つまり、全てのお金を賭けて1回のみしかトレードしないと、それだけ大損するリスクが大きくなってしまいます。

 

そのため、投資するお金を全て投資するのではなく、少額ずつ分けてチャンスを多くすることがリスクコントロールとなります。

 

ただ少しずつ分けたとしてもすべての取引で稼ぐ事は大事ではありません。

 

と言うよりは、勝つことが出来ないのが現実だ。

 

取引で大事なのは、勝つ確率ではなく、どのくらい儲けるかである。

 

勝率が同じでもまた3割でも儲かる時は儲かります。

 

5割以上負けても損失が少なければ少ない勝利の利益でうまく儲けられる。

 

そのために必要な事は、マイナスを少なくして、プラスを大きくする事を肝に銘じる事です。

 

損が出たらすぐに損切りして勝てる場面では可能な限り大きく儲けることがFX投資ビギナーが為替でプラスになるための極意です。

 

○○○ランダムに切り替え でキーワード変換○○○。